病院概要

概要

施設名称 名古屋市立西部医療センター
開設者 名古屋市
所在地 〒462-8508 名古屋市北区平手町1丁目1番地の1
TEL (052)991-8121
FAX (052)916-2038
学会認定 臨床研修指定病院、災害拠点病院(地域災害医療センター)、救急告示医療機関、協力型臨床研修病院
病床数 500床
標榜診療科目 内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、腎臓・透析内科、脳神経内科、血液・腫瘍内科、内分泌・糖尿病内科、外科、呼吸器外科、消化器外科、乳腺・内分泌外科、小児外科、

脳神経外科、整形外科、形成外科、精神科、児童精神科、リウマチ科、小児科、小児科(新生児)、小児アレルギー科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、リハビリ

テーション科、放射線診断科、放射線治療科、病理診断科、麻酔科、歯科口腔外科

駐車場 345台(立体駐車場)
敷地面積 47,536.16㎡(クオリティライフ21城北敷地全体)、27,643.75㎡(病院分)
建築面積 10,248.00㎡
延床面積 42,590.53㎡
構造 鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造)、免震構造
建物構成 地下1階、地上8階、塔屋2階、緊急離着陸場
付帯施設 24時間保育所、ワンルームマンション(別敷地)

東海北陸厚生局への施設基準届出事項

平成30年12月1日現在

地域歯科診療支援病院歯科初診料 輸血管理料Ⅱ
歯科外来診療環境体制加算2 麻酔管理料(Ⅰ)
一般病棟入院基本料 麻酔管理料(Ⅱ)
超急性期脳卒中加算 エタノールの局所注入(甲状腺)
診療録管理体制加算2 エタノールの局所注入(副甲状腺)
医師事務作業補助体制加算1 透析液水質確保加算及び慢性維持透析濾過加算
急性期看護補助体制加算 組織拡張器による再建手術(乳房(再建手術)の場合に限る。)
療養環境加算
重症者等療養環境特別加算 乳がんセンチネルリンパ節加算1及びセンチネルリンパ節生検(併用)
無菌治療室管理加算1 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後)
医療安全対策加算1 ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術
感染防止対策加算1 大動脈バルーンパンピング法(IABP法)
患者サポート体制充実加算 体外衝撃波胆石破砕術
人工腎臓 腹腔鏡下肝切除術
導入期加算1 体外衝撃波膵石破砕術
ハイリスク妊娠管理加算 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術
ハイリスク分娩管理加算 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術
病棟薬剤業務実施加算1 膀胱水圧拡張術
データ提出加算 腹腔鏡下膀胱悪性腫瘍手術
入退院支援加算 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術
特定集中治療室管理料3 医科点数表第2章第10部手術の通則の16に掲げる手術
ハイケアユニット入院医療管理料1 人工肛門・人工膀胱造説術前処置加算
新生児特定集中治療室管理料1 胃瘻造設時嚥下機能評価加算
新生児治療回復室入院医療管理料 無菌製剤処理料
小児入院医療管理料2 脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
入院時食事療養/生活療養(Ⅰ) 運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
糖尿病合併症管理料 呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
がん性疼痛緩和指導管理料 がん患者リハビリテーション料
がん患者指導管理料イ 歯科口腔リハビリテーション料2
がん患者指導管理料ロ 放射線治療専任加算
糖尿病透析予防指導管理料 外来放射線治療加算
乳腺炎重症化予防・ケア指導料 高エネルギー放射線治療
外来放射線照射診療料 1回線量増加加算
ニコチン依存症管理料 強度変調放射線治療(IMRT)
開放型病院共同指導料 画像誘導放射線治療(IGRT)
がん治療連携計画策定料 体外照射呼吸性移動対策加算
肝炎インターフェロン治療計画料 定位放射線治療
薬剤管理指導料 定位放射線治療呼吸性移動対策加算
検査・画像情報提供加算及び電子的診療情報評価料 粒子線治療
医療機器安全管理料1 粒子線治療適応判定加算
医療機器安全管理料2 粒子線治療医学管理加算
持続血糖測定器加算及び皮下連続式グルコース測定 保険医療機関間の連携におけるデジタル病理画像による術中迅速病理組織標本作製
遺伝学的検査
HPV核酸検出及びHPV核酸検出(簡易ジェノタイプ判定) 保険医療機関間の連携におけるデジタル病理画像による迅速細胞診
検体検査管理加算(Ⅳ)
遺伝カウンセリング加算 クラウン・ブリッジ維持管理料
神経学的検査 歯科疾患管理料の注11に掲げる総合医療管理加算及び歯科治療時医療管理料
小児食物アレルギー負荷検査
CT透視下気管支鏡検査加算 精密触覚機能検査
画像診断管理加算2 陽子線治療
ポジトロン断層・コンピューター断層複合撮影 陽子線治療 肝細胞がん(初発のものであって、肝切除術、肝移植術、エタノールの局所注入、マイクロ波凝固法又はラジオ波焼灼療法による治療が困難であり、かつChild-pugh分類による
CT撮影及びMRI撮影
冠動脈CT撮影加算
心臓MRI撮影加算
乳房MRI撮影加算 陽子線治療 根治切除が可能な肝細胞がん(初発のものであり、単独で発生したものであって、その長径が三センチメートルを超え、かつ、十二センチメートル未満のものに限る。)
抗悪性腫瘍剤処方管理加算
後発医薬品使用体制加算2
外来化学療法加算1 酸素の購入単価

機関指定・施設認定

・愛知県指定肝疾患専門医療機関
・日本血液学会血液研修施設
・日本循環器学会循環器専門医研修関連施設
・日本内科学会教育関連病院
・日本糖尿病学会教育施設
・日本リウマチ学会教育施設
・日本呼吸器内視鏡学会認定施設(専門医)
・日本消化器病学会認定施設(専門医)
・日本消化管学会胃腸科指導施設
・日本消化器内視鏡学会指導施設
・日本呼吸器学会認定施設
・日本肝臓学会認定施設
・日本大腸肛門病学会認定施設
・日本がん治療認定医機構認定研修施設
・日本外科学会外科専門医制度修練施設
・日本呼吸器外科学会関連施設
・日本消化器外科学会専門医修練施設
・日本乳癌学会認定施設(専門医)
・日本臨床腫瘍学会認定研修施設
・日本脳神経外科学会専門医認定制度 研修プログラム 関連施設
・日本整形外科学会研修施設
・日本医学放射線学会放射線科専門医総合修練機関
・日本核医学会専門医教育病院
・日本IVR学会専門医修練施設
・日本アレルギー学会教育施設
・日本小児科学会小児科専門医研修施設
・日本小児科学会小児科専門医研修支援施設
・日本小児神経学会専門医研修施設
・日本周産期・新生児医学会(新生児)研修施設(基幹施設)
・日本周産期・新生児医学会(母体・胎児)研修施設(基幹施設)
BFH(Baby Friendly Hospital:赤ちゃんにやさしい病院)
・日本産科婦人科学会専攻医指導施設
・日本眼科学会研修施設
・日本耳鼻咽喉科学会専門医研修施設
・日本皮膚科学会認定研修施設
・日本病理学会研修登録施設(専門医)
・日本ペインクリニック学会指定研修施設
・日本麻酔科学会麻酔科認定病院
・日本集中治療医学会専門医研修施設
・日本産科婦人科学会専門研修連携施設
・日本内分泌学会認定教育施設(内科)
・日本医学放射線学会総合修練機関
・日本泌尿器科学会専門医教育施設
・日本遺伝カウンセリング学会臨床遺伝専門医制度 研修医施設
・日本神経学会准教育施設
・日本認知症学会教育施設
・日本小児外科学会教育関連施設
・日本腎臓学会研修施設
・日本血液学会血液研修施設
・日本甲状腺学会認定専門医施設
・日本内分泌学会認定教育施設(小児科)
・日本小児内分泌学会性分化疾患診療準中核施設
・日本老年医学会認定施設
・日本女性医学会認定研修施設
・日本口腔外科学会認定研修施設
・日本外科感染症学会外科周術期感染管理教育施設
・日本胆道学会認定指導医制度指導施設
・日本医療薬学会がん専門薬剤師制度研修施設
・日本病院総合診療医学会認定施設
・日本がん治療認定医機構認定研修施設
・呼吸器外科専門医合同委員会関連施設
・日本マンモグラフィー検診施設 画像認定施設 
・日本医療機能評価機構 認定病院

臨床研修センター

名古屋市立大学病院との「たすきがけプログラム」で、得意分野を学ぶ“エキスパート研修”が可能です。

災害対策

災害拠点病院としての役割を果たすため、免震構造を採用し、緊急離着陸場を整備しております。

クリニカルインディケーターについて

PDFアイコン クリニカルインディケーター

DPC病院指標の公表について

平成29年度DPC病院指標

沿革

西部医療センター城北病院 西部医療センター城西病院
年月 項目 年月 項目
昭和16年7月 北区田幡町(現在の城見通3丁目)に産婦人科、小児科、病床数30床として開設 昭和11年8月 旧名古屋市民病院、現在の名古屋市立大学病院の分院として中村区北畑町に病床数35床にて開設
昭和20年5月 戦火により焼失、2か月後に西区志摩町1丁目、葵記念会館において診療 昭和17年9月 病床数を74床に増床
昭和23年9月 焼失場所木造瓦葺2階建(内科、外科、眼科、耳鼻咽喉科を増設)で診療開始 昭和18年4月 旧名古屋市立城西病院と改称して独立
昭和34年1月 病床数156床に増床 昭和32年3月 西病棟を増築し、病床数169床に増床
昭和45年3月 北区金田町に新築移転し、病床数220床となる
総合病院名称承認
昭和36年7月 本館診療棟を改築
昭和56年12月 診療棟西館(未熟児病棟、西3階病棟)増築 昭和42年12月 東病棟、診療棟、管理棟を増築し、病床数259床に増床
昭和58年6月 本館改築し、病床数251床に増床 昭和56年3月 管理診療棟、理学診療棟を増築
平成10年7月 地域周産期母子医療センター認定 昭和61年3月 北病棟を増築し、病床数305床に増床
平成14年6月 小児科二次救急開始 昭和62年3月 東病棟、西病棟を改修し、南病棟とする。
平成20年4月 名古屋市立西部医療センター城北病院と改称 平成20年4月 名古屋市立西部医療センター城西病院と改称
平成20年8月 「赤ちゃんにやさしい病院」認定 平成23年4月 閉院
平成21年7月 7:1看護体制開始
平成23年5月 北区平手町に移転
名古屋市立西部医療センター開設