トップページ » 診療科・部門 » 部門 » 栄養管理科

栄養管理科

食事内容

 栄養管理科では、医師の指示に基づき、患者さんの体調に合わせて管理栄養士が献立を作成しています。
 入院中の食事は治療の一環ですが、限られた生活の中で食べることは楽しみの1つになることから、どの患者さんにも喜んで召し上がっていただけることを目標にしています。
 また、温かいものは温かく、冷たいものは冷たく召し上がっていただけるよう配慮し、各病室まで担当職員がお食事をお届けします。(ただし、特殊な食事を除く)。
 なお、各フロアーに敷設するデイルームでお食事を召し上がっていただくこともできます(病状によっては利用できないこともあります)。詳しくは看護師にお尋ねください。

食事時間

 朝食 7時半~  昼食 12時~  夕食 18時~
食事を何回かに分けて提供する患者さんには10時と15時頃に、乳幼児・児童の患者さんには15時頃に間食を提供します(病状によっては提供できないこともあります)。

行事食

 入院中も季節を感じていただけるよう、年中行事に合わせた食事を提供しています。

令和2年度の予定
4月 お花見、花祭り、イースター 行事食
5月 こどもの日、看護の日
6月 入梅、夏至
7月 七夕、土用の丑、スポーツの日
8月 栄養の日、処暑
9月 防災の日、お彼岸、敬老の日
10月 十五夜、区民祭り、ハロウィン 行事食
11月 七五三、和食の日
12月 冬至、クリスマス、大晦日
1月 お正月、七草、鏡開き
2月 節分、バレンタイン
3月 ひなまつり、お彼岸

祝い膳

祝い膳 当院で出産した患者さんには、祝い膳を提供しています。
 食事内容によっては提供できないこともありますのでご了承ください。

選択メニュー(食事内容によっては選択できないこともあります)

【朝食】基本はごはんですが、希望によりパンを選択することもできます。
【昼食】週4回、2種類の主菜から選ぶことができます。 

えらべる食

 緩和ケアや化学療法を受けていて食欲が低下している患者さんもおいしく食事が召し上がっていただけるよう、のど越しのよい食品を中心に何品か選んでいただける食事を準備しています。

特別室メニュー

 当院8階の特別室を利用される患者さんのお食事は、一部の献立を除き、強化磁器に盛り付けて提供します。また、一般食とは違うお食事を選択していただくこともできます。
  ※ ただし、食事内容によっては選択できないこともありますのでご了承ください。
【昼食】主食(または主食と主菜)を、「麺類」もしくは「アレンジメニュー」に変更できます。
【夕食】特別メニューに変更できます。

特別室メニュー特別室メニュー

▲ページの先頭に戻る

個別栄養相談

栄養相談 糖尿病をはじめとする薬物療法、運動療法とともに食事療法が必要な疾患や、低栄養、がんの治療前・中・後、摂食・嚥下困難について、ライフスタイルに応じた食生活改善、食事の工夫、調理方法等、ご希望に沿った内容を説明・提案します。食事に関する不安を少なくし、食生活改善のお手伝いをさせていただけるよう、継続的な相談も承っています。
 ご希望の方は、受診時に医師にお申し付けいただき、ご都合等に併せてご予約ください。
 なお、当院に受診したことがない方でも、上記に示した疾患で地域の医療機関に受診中の方は栄養相談のみ受診することができます。ご希望の方は、地域医療機関を通じてお申し込みください。

栄養相談2 その他、当院で出産される妊産婦さんに対し、月に1回の「母親教室」で妊娠中の食生活について、出産後の「1ヶ月検診」時に赤ちゃんとお母さんの栄養について集団栄養相談を、週1回の「フォローアップ外来栄養相談」時に乳幼児の栄養、食事に関する相談を承っています。

 

▲ページの先頭に戻る

集団栄養相談

 実際に治療食を食べて、味付けや分量などの料理の配慮点と疾患に関する講義が受けられる「集団栄養相談」を開催しています。患者さん1人あたり1名付き添いの方も受講していただけます。
 ご希望の方は、受診時に医師にお申し付けください。
 ※外来患者さんは、栄養指導料の他に食事代として500円(税込)をご負担いただきます。

▲ページの先頭に戻る

栄養サポートチーム(NST)活動

NST活動  医師、看護師、薬剤師、コメディカルスタッフ等の他職種と管理栄養士が連携して、患者さんの栄養状態を評価し、栄養改善が必要な方に対して早期治療につながるような栄養投与方法を提案し、実施しています。
 また、円滑にチーム活動が運営できるよう定期的に委員会の開催するだけでなく、知識を深めるための勉強会を開催しています。

▲ページの先頭に戻る

各種教室

 医師を中心に、看護師、薬剤師、管理栄養士、理学療法士、検査技師、歯科医師、歯科衛生士等、他部門と連携し、チームで療養指導を行っています。
 糖尿病と腎臓病教育入院のほか、糖尿病教室(年4回)、じんぞう病教室(年2回)を実施しています。
 ※令和2年度の日程は、決まりましたらお知らせします。

▲ページの先頭に戻る