薬剤科

薬剤科紹介

薬剤科では、患者さんにお薬を正しく理解していただき、安心・安全にお薬を服用・使用していただくために、厳重にチェックされたお薬をわかりやすく正確な情報とともに提供するように心がけています。ここでは、当院の薬剤科が行っている主な業務について紹介します。

▲ページの先頭に戻る

業務内容

調剤業務

外来と入院の患者さんのお薬を、処方箋に基づいて調剤しています。お薬の飲み合わせや適正な使用方法を薬学的に管理するとともに、有効性・安全性の高いお薬を提供しています。電子カルテと連動した調剤支援システムを活用し、調剤業務の正確性と効率化を高めています。また、最終確認は、調剤者と異なる薬剤師が行い、過誤防止に努めています。

調剤業務

注射薬業務

入院患者さんの注射薬を注射箋に基づいて、アンプルピッカー(注射薬自動払出システム)を用い、患者さんごとに取り揃えます(個人別セット)。それを担当病棟の薬剤師が重複投与・用法用量・相互作用・配合変化等をチェックして、病棟に払い出しています。

注射薬業務 注射薬業務

混注業務

無菌的に調製することが必要な注射薬の混合を行っています。

・食事から十分な栄養が摂れない患者さんに投与される中心静脈栄養(TPN)の調製を、クリーンベンチ内で無菌操作により行っています。
・外来と入院のがん化学療法に使用される抗がん剤については、投与量などをチェックした後、外来化学療法室と薬剤科に設置された安全キャビネット内で、「注射薬混注監査システム」を活用して、無菌的に調製しています。また、揮発性の高い薬剤には閉鎖式接続器具を使用しています。

※当院では、がん化学療法を安全かつ有効に実施するために、投与する薬剤の種類や量・期間・手順などを時系列で示した計画書(レジメン)の内容を、院内の委員会で審査し、承認されたものだけを使用しています。

混注業務 混注業務 混注業務

病棟業務(薬剤管理指導業務を含む)

入院中の患者さんに、薬の服用方法・薬効などを説明し、服薬の意義を理解してもらうことにより、正しい服薬が行えるよう指導しています。また、患者さんの病状・薬歴・副作用などを観察・チェックすることにより、効果的で安全な薬物療法が行われることを支援しています。その他、病棟で使用される薬品の取り扱いにおける安全性や品質の管理、他院で処方された薬(持参薬)の確認、薬物血中濃度モニタリング(TDM)など、医薬品の適正使用のための様々な情報提供も行っています。

医薬品情報管理業務(DI業務)

医薬品を安全かつ適正に使用していただくため、医薬品に関する情報を医療スタッフや患者さんに提供しています。医療スタッフからの問い合わせに対応し、医薬品の適応症や副作用の追加情報、安全性に関する情報等を病院内に周知しています。院内で未知または重篤な副作用・有害事象が発生した場合は、医薬品医療機器総合機構(PMDA)に「医薬品安全性情報報告」として報告しています。また、薬剤師が薬物治療に介入し副作用やリスクを回避した場合には、「プレアボイド報告」として日本病院薬剤師会へ報告しています。

製剤業務

医師からの依頼に基づき、市販されていない院内製剤(特殊製剤)の調製を行っています。薬物治療上の必要性に応じて、個々の患者さんに合わせた院内製剤を調製しています。また、無菌性が求められる製剤はクリーンベンチ内で調製しています。

薬品管理業務

入院や外来の患者さんの治療に使用される薬が必要時に必要量供給できるよう、薬の管理を行っています。

▲ページの先頭に戻る

チーム医療

チーム医療とは、他職種のスタッフがチームを組み、緊密に連携しながら治療やケアを行うことです。当院の薬剤師は医療チームの一員として、専門性を発揮しています。

・緩和ケアチーム(PCT)
・栄養サポートチーム(NST)
・院内感染対策チーム(ICT)
・褥瘡チーム
・糖尿病教室、教育入院
・腎臓病教室、教育入院

▲ページの先頭に戻る

実務実習

当院では、薬学部6年制カリキュラムの一環として、薬剤師の監督・指導のもと薬学生が実務実習に取り組んでいます。医療人として相応しい知識や問題解決能力を有する薬剤師を養成することを目的とし、実務実習を通して、実際の病院薬剤師の職務と、薬剤師と他職種との関わりを学ぶことができます。

▲ページの先頭に戻る

認定資格薬剤師

・がん薬物療法認定薬剤師 1名
・感染制御認定薬剤師 1名
・緩和薬物療法認定薬剤師 1名
・栄養サポートチーム専門療法士 1名
・糖尿病療養指導士 2名
・妊娠・授乳婦薬物療法認定薬剤師 1名
・漢方薬・生薬認定薬剤師(日本薬剤師研修センター) 1名
・認定実務実習指導薬剤師 6名
・日本医療薬学会認定薬剤師 1名
・日病薬生涯研修認定「5年の研修履修認定含む」 2名
・研修認定薬剤師(日本薬剤師研修センター) 3名
・災害派遣医療チーム(DMAT)業務調整員 2名

▲ページの先頭に戻る

学会発表・投稿論文等

学会名 演題名
日本臨床腫瘍薬学会学術大会2016 がん患者の呼吸困難感に対するオキシコドン注射剤の効果
日本臨床腫瘍薬学会学術大会2015 がん化学療法レジメンラベルとレジメンワークシートを用いた保険薬局への情報提供とその利用状況に関する実態調査
日本薬学会第136年会 抗がん剤投与時におけるインラインフィルターの適切な使用に関するアンケート調査
日本医療薬学会第23年会 大量メトトレキサート療法後に急性腎不全をきたし、血液透析および血液吸着を施行し救命しえた悪性リンパ腫の一例
日本妊娠高血圧学会 PIH患者でのペルジピン注射薬投与終了後の血圧の再上昇に関する検討
掲載誌名 論文名
医療薬学41巻7号 471頁~479頁 がん化学療法レジメンラベルとレジメンワークシートを用いた保険薬局への情報提供とその利用状況に関する実態調査
癌と化学療法
Jpn J Cancer Chemother 42(5): 609-611, May, 2015
大量メトトレキサート療法後に乏尿性急性腎不全を来し血液透析濾過および血液吸着を施行し救命し得た1例
Hypertension Research in Pregnancy Management of Severe hypertension by nicarudipin intravenous infusion in pregnancy induced hypertension after Cesarean section
研究会名・シンポジウム名等 演題名・テーマ等
日本臨床腫瘍薬学会学術大会2015
ミニレクチャー7
がん薬物療法とEBM~いま、その患者さんに最高の薬物療法を届けよう!~
第4回地域連携薬剤管理指導研究会 「外来化学療法における薬薬連携」
がん化学療法レジメンラベル・レジメンワークシートを用いた情報提供とその効果

▲ページの先頭に戻る