トップページ » 診療科・部門 » 部門 » 医療安全管理室

医療安全管理室

 

医療安全管理室の紹介

 名古屋市立西部医療センターは、患者さんの生命を預かり安全で質の高い医療を提供します。医療を行う場で起こりえる医療事故、感染症等への安全対策を組織横断的に取り組み、安全な医療が受けられる環境づくりのため医療安全管理室は設置されました。
 医療安全管理室は、室長の医療安全管理担当副院長 妹尾 恭司医師(消化器内科部長)を中心に、医療安全管理室副室長 杉浦 真人医師(循環器内科部長)、同副室長 西川 尚実医師(産婦人科部長)と各部門のリスクマネージャーが構成員となり、医療安全活動の推進に努めております。職員の一人一人が安全管理を意識することで、患者さんを中心とした安全な医療の提供ができるよう安全文化の醸成に取り組んでおります。
 また、院内感染対策担当副院長 柴田 金光医師(周産期医療センター長)を中心に、院内感染対策チーム長 秋田 憲志医師(呼吸器内科部長)と、各部門の院内感染対策チーム(ICT)メンバーが院内感染対策に積極的な取り組みを行っています。職員全員が感染対策を実施し、患者さんに安全でより良い医療を受けていただけるよう活動しております。

-医療安全管理室主幹(医療安全担当)
土方ますみ-

▲ページの先頭に戻る

医療安全管理の基本理念


 西部医療センターは、地域の中核病院として患者の生命を預かり、安全で質の高い医療を提供する使命がある。高度医療、救急医療等の多様な役割を担っており、医療行為の責任体制を明確にし、病院全体で安全管理の徹底を図っていく必要がある。
 このため、病院長を最高責任者として、医療を行う場で起こりえる医療事故、感染症等への安全対策を総合的に取り組むとともに、職員の一人ひとりが安全管理を常に意識して安全な医療が受けられる環境を整備することを目標とする。

▲ページの先頭に戻る

安全管理の組織体制と職務

組織

  1. 安全管理のための統括安全管理者を置く。統括安全管理者は、病院長とする。
  2. 統括安全管理者の下に医療安全管理室を設置する。医療安全管理室長は、副病院長(医療安全管理担当)とする。
  3. 医療安全管理室長の下に、医療安全副室長を置き、診療科部長兼務・課長級を充てることする。医療安全管理専従として主幹・主査を置き、副室長、主幹、主査は病院長が委嘱する。
  4. 病院における安全管理体制等についての審議機関として、医療事故対策委員会を置く。
  5. 医療事故対策委員は、医師、看護職員、技術職員及び事務職員の中から病院長が委嘱する。
  6. 療安全管理室の下に、病院における安全管理体制等の周知徹底機関として、リスクマネージャー会を置く。
    リスクマネージャーは、各部門の安全管理者とし、医師、看護職員、技術職員及び事務職員の中から病院長が委嘱する。
  7. 院内感染に関する十分な知識を有する医師を院内感染対策委員長とし、院内感染対策委員で組織する院内感染対策委員会を置く。
    院内感染対策委員は、医師、看護職員、技術職員及び事務職員の中から病院長が委嘱する。
  8. 院内感染対策委員会の他、院内の部門ごとに院内感染対策チームメンバーを置く。
  9. 薬品に関する十分な知識有する薬剤師を医薬品安全管理責任者とする。
    医薬品安全管理に審議は、薬事委員会により行う。
  10. 医療機器に関する十分な知識を有する医師を医療機器安全管理責任者とする。
    医療機器安全管理委員は、医師、看護職員、技術職員及び事務職員の中から病院長が委嘱する。

職務

  1. 統括安全管理者(病院長)は、病院全体の安全管理体制の確保の徹底を図るとともに、安全管理に関する病院全体の責務を担うものとする。また、医療事故対策委員会委員長として委員会を運営する。
  2. 医療安全管理室長(副病院長)は、統括安全管理者を補佐する。医療安全管理室長は、
    リスクマネージャー及び院内への安全管理に関する事項について周知の徹底を図るとともに、その情報収集、指導、相談及び対応窓口となる。また、リスクマネージャー会議の議長として会議を運営する。
  3. 医療安全管理室副室長(診療科部長兼務・課長級)は、医療事故の原因分析や再発防止の検討、患者説明の実施などにあたり、室長を補佐する。
  4. 専従医療安全管理主幹は、医療安全管理室長等医療安全担当者・リスクマネージャーと共に組織的な安全管理活動を行う。
  5. 専従医療安全管理主査は、インシデントや医療事故の分析、各種報告書の作成、各種会議の開催、医療安全研修の実施、医療安全対策の周知において、医療安全主幹を補佐する。
  6. リスクマネージャー会は、医療事故・インシデント事例の原因分析、再発防止策の検討を行うほか、医療事故防止のための研修計画等の立案を行う。
  7. リスクマネージャーは、各職場における医療事故防止を図るため、個別課題の検討・対策を行うほか、職場における啓発・教育活動を行う。
  8. 専従医療安全管理主幹は、院内感染対策委員・院内感染対策チーム(ICT)とともに
    組織的な院内感染予防活動を行う。
  9. 院内感染対策委員は、院内感染関連問題に関する調査・分析を行い、対策要綱の作成・    
    指導等を行う。
  10. 院内感染対策チーム(ICT)は、各職場における院内感染防止を図るため、感染対策の検討・実務を行うほか、教育・研修等を行う。
  11. 医薬品安全管理責任者は、医薬品の管理・使用状況の確認・記録および安全使用の
    ために必要な情報収集等、医薬品の安全管理を目的とした改善のための方策を実施する。
  12. 医療機器安全管理責任者は、医療機器の保守点検に関する計画の策定、保守点検の実施・記録をはじめ、安全性情報の提供・安全操作教育等を行う。

▲ページの先頭に戻る

医療安全管理に関する基本的な考え方

 日常業務の中で医療事故を防止するため、院内における医療事故防止方策を検討するうえにおいて、職種・部門を問わず、医療関係者が共通して認識しておかなければならない医療事故防止のための基本的事項を挙げています。

  1. 医療従事者は常に「危機意識」を持ち、業務にあたる
  2. 患者最優先の医療を徹底する
  3. 医療行為においては、確認・再確認などを徹底する
  4. 円滑なコミュニケーションとインフォームド・コンセントに配慮する
  5. 記録は正確かつ丁寧に記載し、チェックを行う
  6. 情報の共有化を図る
  7. 医療機関全体で、医療事故防止への組織的、系統的な管理体制を構築する
  8. 自己の健康管理と職場のチームワークを図る
  9. 医療事故防止のための教育・研修システムを整える
  10. トップ自らが率先して医療事故防止に対する意識改革を行う

▲ページの先頭に戻る

医療安全管理室の業務

  1. 医療安全・院内感染防止などの質向上のための情報収集、分析、企画・立案、指導及び評価
  2. 医療安全・院内感染に関するデータの分析結果および関連情報に関する職員への情報発信
  3. 医療安全及び院内感染防止などの質向上に関する教育・研修などの啓発活動
  4. マニュアルの作成および点検、見直しの提言
  5. リスクマネージャー、感染対策チームとの連絡調整
  6. 医療安全に関係する委員会や関係者の支援
  7. 医療事故発生時の対応
  8. 患者相談の対応