トップページ » 診療科・部門 » 診療科 » 産婦人科 » ✿西部医療センターにおける母乳育児理念・育児支援方針✿

✿西部医療センターにおける母乳育児理念・育児支援方針✿

当院は母子を取り巻く家族の絆を大切に考え、WHO/ユニセフ共同声明の、「母乳育児を成功させるための10か条」に沿って、母乳育児を推進しています。

当院の母乳理念・基本方針

1.教育

母乳と母乳育児に関する正しい知識と技術を妊産婦とその家族や母子に関わるすべての職員に伝えます。

2.早期授乳

出生直後からの母子の触れ合いを大切にし、早期授乳が出来るように支援します。

3.母子同床

可能な限り出産直後からお母さんと赤ちゃんが一緒にいることが出来るように支援します。

4.母乳栄養

赤ちゃんが欲しがるときにいつでもお母さんが授乳できるように支援し、医学的に必要でない限り新生児には母乳栄養以外のものを与えません。

5.母乳分泌維持

お母さんに母乳育児の方法を説明し、お母さんが赤ちゃんと離れることが避けられない場合にも母乳分泌が維持できるよう支援します。

6.乳頭混乱予防

母乳で育てられている赤ちゃんには、医学的に必要ない限り人工乳首やおしゃぶりを使用しません。

7.母乳育児が困難な母子への支援

母乳育児が困難な母子に対して、良好な母子関係が保てるよう育児を支援します。

8.母子への継続支援

退院後も継続した母乳育児を支援します。

9.くすり

母子ともに安全性の高い薬を使用し、情報提供を行います。また他の医療機関にも情報を伝えます。

10.栄養

妊娠中や授乳期の栄養、離乳食等、お子さんの栄養について情報提供を行います。

11.地域連携

母乳育児支援を地域に広めるため、関連機関と連携し啓発活動を行います。

 産科病棟では、母乳哺育を応援しています。母子を取り巻く家族の絆を妊娠中から大切に考え、また新しい命を迎えて最初の一歩を踏み出す病院から家庭に近い状態で過ごしていただけるように、皆さまのお手伝いをしたいと私達は考えています。退院後自宅に帰られてから困らないように、また妊娠中~出産後にかけて皆さまが困らないように手厚くご支援させていただきます。

✿1.妊娠中からの育児支援を行っています

テーマ別のマザークラスを開催し、妊娠中から母乳の利点と母子同床について、妊婦さん並びにそのご家族の方にご理解をいただいています。また産婦人科外来の妊婦・産褥健診では助産師がご質問・ご相談にお応えし、必要に応じ個別指導を行っています。
正常に経過中の妊婦・産婦・褥婦さんに対しては、「バースセンター はぐ(院内助産)」を開設し、継続的に助産師が担当させていただくことも出来ます。

✿2.産後の育児がスムーズに出来るように、分娩中から皆さまを支援しています

産婦さんが主体にお産が出来るように、当院では産婦さんの希望があれば自由な体位での出産を取り入れ、出産にはご主人をはじめ、ご家族のどなたでも立ち会う事が出来ます。尚、お母さんや赤ちゃんの状態によって、自由な体位での出産や家族立会い出産が出来ない場合もありますのでご了承ください。

✿3.入院中の育児支援を行っています

出産後は終日母児同室を行い、初めての授乳やオムツ交換などの育児方法について、その都度スタッフが説明致します。またスムーズな母乳育児が出来るように必要以上にミルクは足さず、赤ちゃんが欲しがる時に欲しがるだけ、授乳を行う事をお勧めしています。そのため、入院中は頻回な授乳に集中できるようにご主人以外の面会は出来るだけ控えていただくようにご協力ください。やむを得ず赤ちゃんが新生児集中治療室(NICU/GCU)に入院された場合も、母乳を継続できるようにその方法を説明します。赤ちゃんが新生児集中治療室(NICU/GCU)を退院後も、育児練習入院や母乳外来などで皆さまの育児を応援しています。

✿4.退院後も引き続き育児支援を行っています

退院後は、母乳育児相談室(母乳外来・2週間健診)と産後の親子向けマザークラスを開催し、皆さまの育児を応援させていただきます。自宅で赤ちゃんとお母さんが育児で困った時、悩んだ時、相談ができる場を設けています。