トップページ » 診療科・部門 » 診療科 » 内科 » リウマチ膠原病内科

リウマチ膠原病内科

医師紹介

氏名 卒年 役職 指導医・認定医・専門医
速水 芳仁 H.6 リウマチ膠原病内科部長 日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医
日本リウマチ学会 リウマチ専門医・指導医
臨床研修指導医
前田 伸治 H.11 非常勤 日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医
日本リウマチ学会 リウマチ専門医
大村 晋一郎 H.19 非常勤 日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医
日本リウマチ学会 リウマチ専門医・指導医

▲ページの先頭に戻る

外来担当医表

詳しくは内科外来担当医表をご覧ください。

▲ページの先頭に戻る

リウマチ膠原病内科紹介

概要

リウマチ膠原病科はリウマチ・膠原病疾患を専門として診療に携わっています。
関節リウマチ、膠原病を専門として診療を行っている内科は、東海地区では比較的少なく、様々な症状をきたしうる全身性疾患であるリウマチ・膠原病疾患を総合的に診療することが必要です。

取り扱う症状

  • 何週間も多くの関節が痛んだり、腫れたりする。
  • 朝方に手がこわばる。
  • 血液検査でリウマトイド因子(リウマチ反応)や抗核抗体が陽性といわれた。
  • 寒冷刺激で手指などが蒼白になる(レイノー症状)、ソーセージ様に手指が腫れる。
  • 原因不明の発熱が続く。

取り扱う疾患

関節リウマチ、悪性関節リウマチ、血清反応陰性脊椎関節症、リウマチ性多発筋痛症、成人スチル病、全身性エリテマトーデス 強皮症(全身性硬化症)、多発性筋炎・皮膚筋炎、混合性結合組織病、シェーグレン症候群 血管炎症候群(結節性多発動脈炎、顕微鏡的多発血管炎、ウェゲナー肉芽腫症、高安動脈炎など)、ベーチェット病、抗リン脂質抗体症候群

▲ページの先頭に戻る

基本方針

関節リウマチ、膠原病の専門的かつ、患者さんによりそった治療を提供することを目指します。

▲ページの先頭に戻る

患者さんへ

関節リウマチは現在、早期発見、早期治療の時代となっています。治療も発展し、寛解(リウマチの活動性がない状態)を目指す時代になっています。
各種膠原病も、患者さんの全身(各臓器)を見わたし、患者さんの長期的な健康を考えて、専門的な治療を提供する時代になっています。
さまざまな不安を抱えていることと思いますが、各科専門医の先生、かかりつけの先生との連携をとりながら、総合的な診療を行ってまいります。