形成外科

医師紹介

氏名 指導医・認定医・専門医
鳥山 和宏 日本形成外科学会専門医
日本創傷外科学会専門医
日本形成外科学会 皮膚腫瘍外科指導専門医
名古屋市立大学 准教授・形成外科部長
名古屋市立大学 乳がん治療・乳房再建センター 副センター長
佐藤 秀吉 名古屋市立大学 形成外科助教

▲ページの先頭に戻る

外来担当医表



 
午後 (鳥山 和宏)/(佐藤 秀吉)

診察時間は14:00~16:00となります。(完全予約制)
※当センターのおかかりの診療科(ない場合には外科)または、開業医様を通してご予約いただくようお願いします。

▲ページの先頭に戻る

形成外科紹介

形成外科は身体の表面全般を取り扱う診療科です。身体の「機能」の改善だけでなく、「外観」を改善することで患者さんのQOL(生活の質)を向上する治療を行うことが診療科の特色です。一口に「外観」と言いますが、外観を損なう理由は様々あります。例えば先天的な理由(漏斗胸等)、悪性腫瘍の治療(乳房の切除)あるいは事故(顔面の骨折等)などが挙げられます。これらにより生じた身体の一部の欠損や変形などは、身体の機能に影響を与えるだけでなく、患者さんの気持にもマイナスの影響を与えることが少なくありません。

このような患者さんに対して手術等の方法により、機能改善とともに可能な限り正常で美しい状態に回復させます。治療により患者さんの気持ちが前向きとなり社会生活へ復帰いただくことができるよう、患者さんと十分に話し合い、その人のための医療を提供して参ります。

▲ページの先頭に戻る

主な疾患とその治療法

主に外科的手術により以下のような疾患に対応します。

先天異常 生まれつきの体表面の異常 唇裂・口蓋裂
多指(趾)症・合指(趾)症など手足の先天異常
副耳・埋没耳・小耳症
漏斗胸・鳩胸など
臍ヘルニア(でべそ)
腫 瘍 皮膚と皮下のできもの 母斑(黒子、あざ)、血管腫(赤あざ)
ケロイド・肥厚性瘢痕(盛り上がった傷あと)
創傷(きず) 顔のけがなど体の表面のけが
治りにくいきず
顔面の損傷・顔面骨骨折
手足の外傷、切断指
熱傷(やけど)
外傷後瘢痕(傷あと)、瘢痕拘縮(傷あとのひきつれ)
褥瘡(床ずれ)、難治性潰瘍(糖尿病足潰瘍、静脈性下腿潰瘍、慢性的な潰瘍など)
腫瘍切除後
の再建
癌を切り取ったあとの作り直し 頭頚部再建(顔や頭や頚部周囲の再建)
乳房再建(乳癌のあとの再建)
その他の外科系の切除後の再建
その他 顔面神経麻痺、眼瞼下垂、睫毛内反(逆さまつげ)、女性化乳房、陥没乳房、乳輪下膿瘍、腋臭症(わきが)、陥入爪(巻き爪)など

ただし、乳房インプラント再建など一部は名古屋市立大学病院と連携して手術を行っております。

▲ページの先頭に戻る