トップページ » 診療科・部門 » 診療科 » 外科 » 乳腺・内分泌外科

乳腺・内分泌外科

医師紹介

詳しくは外科医師紹介をご覧ください。

▲ページの先頭に戻る

外来担当医表

詳しくは外科外来担当医表をご覧ください。

当科の診療は月・水・金で行っております。

乳腺外来は完全予約制になっております。

乳腺外来は専門医のみが診療を行っており、大変混みあっている関係で、現在は、完全予約制にさせて頂いております。
初診の方でも、紹介状の有無を問わず、初診担当医師による問診と必要な検査のみを行い、次回の乳腺専門外来の予約を取って頂いております。
よろしく、ご協力お願いいたします。

▲ページの先頭に戻る

乳腺・内分泌外科紹介

乳腺・内分泌外科では、診療の中心である乳がん診療においては診断から治療まで一貫して行い、生活の質(QOL)を第一に考慮した診療を心がけています。放射線科、病理部、薬剤部、看護部、外来化学療法室などとのチーム医療を行うことにより、手術療法・薬物療法・放射線療法全般にわたり、乳癌診療のガイドラインに沿った標準治療を実践していきます。
また当院ではその他、乳腺良性腫瘍、甲状腺疾患に対する手術、副甲状腺疾患に対する手術も対応していきます。乳癌等の診療、検診の啓蒙などを通して、地域に貢献できればと考えております。

▲ページの先頭に戻る

当科の乳がんの診療について

乳がんとは

日本における1年あたりの罹患者数は4万人を越え、近年増加の一途を辿っています。
年齢別では40歳代に罹患率のピークが、50歳代に死亡率のピークがあります。まさに働き盛りの女性が罹りやすい病気であり、わが国の女性にとって最重要課題の1つとなっています。

乳癌検診

乳癌検診として、視触診とマンモグラフィを併用する方法がよく行われています。
50歳以上の方にマンモグラフィを用いて検診を行うことで、乳癌による死亡率が低下することが科学的にも実証されており、大変有用であると考えられています。
乳がんは早期で見つかるほど治療成績は良好です。まだ自覚症状がないぐらいの早期でがんを発見するためにも、定期的に検診を受けていただくことが重要です。
当院では名古屋市の乳癌検診(なごやか健診)の受け入れが可能です。

診断

乳がんの診断方法(検査)の代表的なものには、視触診、マンモグラフィ、乳房超音波検査、穿刺吸引細胞診、針生検(超音波ガイド下マンモトーム、ステレオガイド下マンモトーム)などがあります。

視触診
乳がんの自覚症状で最も多いのが「しこり」です。乳がんの場合、しこりは堅く触れるものばかりではなく、柔らかく触れる(ように感じる)場合もあります。
また、乳頭から分泌液が出るとか、乳頭のただれなどが乳がんの最初の症状の場合もあります。乳がんの初期症状には様々なものがありますので、乳房にこれまで気がつかなかった何らかの変化があれば専門医を受診することをお薦めします。
マンモグラフィ
乳房を挟んで撮影するレントゲンです。触診で分からないような早期の乳がんを検出するのに非常に有効です。
通常、精密検査では2方向(斜めに挟む方向と、横に挟む方向)の撮影を行います(検診では1方向のみのこともあります)。強く圧迫して挟むので、少し痛みを伴うことがあります。
尚、当院ではマンモグラフィ撮影は女性の放射線技師が対応いたします。
乳房超音波(エコー)検査
体の表面にゼリーを塗り、小さな器械を当てるだけの検査で、痛みは特にありません。マンモグラフィと同様、早期の乳癌を検出する上で非常に有用な検査です。
マンモグラフィと超音波検査にはそれぞれ検出が得意な病変、不得意な病変がありますが、両方の検査を行うことで、ほとんどの病変を捉えることが可能です。
当院においては、超音波検査は医師が担当いたします。
穿刺吸引細胞診
触診、超音波検査などで乳房に病変を認めた場合、まずこの検査を行います。超音波で病変の位置を確認しながら、注射針(通常の採血と同じ太さの針です)を刺し、病変の細胞を採取します。
採取した細胞を顕微鏡で確認し、良性か悪性(がん)かを診断いたします。ただし、この検査では少しの細胞の形だけで判断するため、場合によっては、良悪性の判断がつかない場合、または病変の性質上、細胞の密度が少ない病変では、細胞があまり採取できず、診断がつかないこともあり得ます。
またこの検査は結果が出るまでに通常数日から1週間程度かかります。
針生検
(a) 超音波ガイド下マンモトーム
超音波ガイド下マンモトームは超音波で捉えられる病変に対し、吸引をしながら組織を採取する検査で、従来の針生検に比べ採取できる組織量が多く診断能が高い検査です。皮膚を2-3mm程度切開し、太めの針を穿刺し、組織を採取いたします。
局所麻酔を用いて検査を行いますので、麻酔の注射の痛みだけ辛抱していただければ、検査中の痛みはほとんどありません。
検査後、そのまま帰宅が可能です。
(b) ステレオガイド下マンモトーム
ステレオガイド下マンモトームはマンモグラフィで検出される乳癌を疑う微細な石灰化に対し、X線を2方向から撮影することにより、3次元的に石灰化の位置を同定し組織を採取する装置で、これにより非常に早期の乳癌の診断が可能となります。
この検査では検査台の上にうつぶせのまま30分程度同じ姿勢でいていただく必要があります。

これらの装置で組織診を確実に行うことで正確な診断を行い、さらに手術前に病理学的特徴を把握することで、個々の患者さまに適切な治療の選択肢を提示いたします。

乳がんの治療

(a)手術
乳房切除術と乳房部分切除術(乳房温存手術)
乳房内のどのぐらいの範囲にがん細胞が広がっているかをCTまたはMRIで診断します。乳房内の狭い範囲に病変が限局している場合は、乳房の一部のみを切除する乳房部分切除術(乳房温存手術)が可能です。
一方、乳房内の広い範囲に病変が存在する場合は、乳房切除(乳房全摘出)が必要です。一般的に病変の広がり具合と病気の進行度は全く別のものです。
例えば、非常に早期のがんでも乳房の広い範囲に広がってしまうことがあり、この場合は、たとえがんは早期でも、乳房切除が必要になります。したがって、一般的に思われているように、乳房切除が必要だから病気が進行しているということでは全くありません。
センチネルリンパ節生検と腋窩リンパ節郭清術
腋のリンパ節に乳がんが転移しているかどうかは、乳がんの予後を予想する最大の因子といわれています。手術後の薬物治療を決めるためにも、腋のリンパ節を調べることは非常に重要となります。
(1) センチネルリンパ節生検
術前の診断で、腋のリンパ節への転移が明らかでない患者さまのみが適応となります。
センチネルリンパ節とは腋の入り口にあり、乳がんが最初に転移する腋のリンパ節のことです。色素法、RI法という2種類の方法を併用して、センチネルリンパ節を見つけ、これを摘出します。
手術中に病理診断を行い、もし転移を認めない場合はその奥のリンパ節の切除(リンパ節郭清)は不要です。逆に転移があれば、これを経由してさらに奥のリンパ節に転移をしている可能性があるため、奥のリンパ節の切除(リンパ節郭清)が必要となります。
(2) 腋窩リンパ節郭清術
術前の診断で腋のリンパ節への転移が明らかな場合、センチネルリンパ節生検で転移を認めた場合に行います。レベル1、レベル2といわれる範囲までのリンパ節の切除を行います。
合併症として、ほぼ全員の方に腋の下の知覚障害(感覚が鈍くなる)、10-30%の方に腕のむくみが出るといわれています。しかし、腕の運動には支障なく、術後も変わりなく日常生活を送ることが可能です。
(b) 薬物治療

乳がんの手術後には、多くの場合、お薬の治療(薬物治療)が必要となります。
乳がんは手術する前の段階で、他の臓器(肺、肝臓、骨など)に目に見えない(検査をしても分からない)ぐらいの細かい転移をしていることがあり、これらを放置しておくと、手術後に成長し、転移という形で現れてしまいます。したがって、目で見える病巣を切除する手術に加え、これらの細かい転移を攻撃する治療をすることではじめて、乳がんを完治させることが可能となります。薬物治療でこれらの細かい転移を攻撃すると、生存率が改善することが科学的に証明されています。
乳がんの薬物治療には、ホルモン療法、化学療法(抗がん剤治療)、分子標的治療があります。それぞれの患者さまのがんの性質に応じてどの治療が適切かを判断し、これらの治療を単独で、または組み合わせて行います。

(1) ホルモン療法
患者さまのうち約7割の方の乳がんは、体の中の女性ホルモンにより、がんが成長してしまうという性質を持っています。このような性質を持っている場合、逆に体の中の女性ホルモンを減らせば、がんが成長できなくなります。
この性質を利用して行うのがホルモン療法で、女性ホルモンを減らす、または女性ホルモンの働きを弱めるようなお薬を用います。
閉経前の場合、卵巣からの女性ホルモンの分泌を抑える注射(LH-RHアナログ)と女性ホルモンの働きを弱める内服薬(タモキシフェン)を併用します。また閉経後の場合は、副腎などでの女性ホルモンの産生を抑える内服薬(アロマターゼ阻害剤)を用いることが多いです。
(2) 化学療法(抗がん剤治療)
アンスラサイクリン系抗がん剤、タキサン系抗がん剤が標準的に用いられます。どの抗がん剤を用いるかは、患者さま個々のがんの性格に応じて、効果が高そうな薬剤を選択いたします。
(3) 分子標的治療(トラスツズマブ:ハーセプチン®)
HER2という特殊な物質ががん細胞に認められる場合に適応となります(20-30%の患者さま)。
従来、HER2が認められる乳がんは性質が悪いとされていましたが、この薬を使用することで、治癒率が明らかに向上したことが実証されています。
術前化学療法について
従来は、手術後に薬物療法を行うことが一般的でしたが、近年、治療に必要な抗がん剤治療を手術前に行っても治療成績が同等であることが証明されています。
しこりが大きく、本来は乳房切除が必要な患者さまに手術前に抗がん剤を投与することでしこりが縮小し、乳房温存手術が可能になるなどのメリットがある場合もあります。
当院も術前化学療法を行うことが可能ですが、適応は個々の乳がんの性質を判断した上で考慮いたします。
また術前ホルモン療法は、がんの性質によっては非常に効果的と考えられる場合があり、現在は臨床試験という形で行うことが可能な場合もあります。
外来化学療法室について
また西部医療センターにおいては、外来化学療法室というお部屋があり、抗がん剤の専門知識を有する、医師、看護師、薬剤師が常駐しております。
当院で化学療法を行う場合は、外来化学療法室で行いますので、患者さまにも安心して治療を受けて頂くようサポートすることが可能です。
(c) 放射線治療

乳房部分切除術(乳房温存術)を受けた患者さまは、温存した乳房に放射線治療を行うことで、局所再発が低下することが証明されています。
また、乳房切除を受けた患者さまでも、腋のリンパ節への転移が多く認められた場合は、放射線治療を受けることで生存率が改善することが証明されています。これらの患者さまには手術後、25回から30回(50-60Gy)の放射線治療を行います。

再発乳がんについて

手術後、お薬の治療などを行っても、再発してしまうことがあります。他の臓器(例えば肺・肝臓・骨など)に再発してしまうことがありますが、例えば肺に再発した場合、これは肺がんではなく、あくまでも元々の乳がんの細胞が肺に移動して増殖した病変です。したがって治療は、元の乳がんの性質に応じて、乳がんの治療を行うことになります。
病状に応じて、ホルモン療法、化学療法、分子標的治療、放射線治療を組み合わせて行い、またできるだけ生活の質(Quality of life: QOL)を保てるよう、治療の副作用の軽減や症状の緩和に努めながら治療を進めていきます。

遺伝性腫瘍遺伝学的検査について

当院遺伝診療部において、遺伝性乳がんに関する遺伝カウンセリングと遺伝学的検査(BRCA1/2遺伝学的検査)の実施が可能です。詳しくは遺伝診療部のページをご覧ください。
*BRCA1/2遺伝学的検査を受けられる方へPDFアイコン 全国登録事業についてのお知らせ