トップページ » 関係者・採用情報 » 後期研修医募集 » 総合内科後期研修プログラム

総合内科後期研修プログラム

名古屋市立西部医療センター総合内科(以下当科)は,日本内科学会,日本老年医学会の臨床研修施設です.
日本内科学会,日本病院総合診療医学会,日本老年医学会の臨床研修を基本として行います.

目的

日本の病院の第一線で活躍できる病院総合診療医(内科系)の育成.

対象

  1. 急性期総合病院で活躍できる病院総合医を目指す若手医師.
  2. 内科系専門科を目指しており,その土台作りとして幅広い内科研修を求める医師.

期間

期間: 1ないし3年間
ただし他院で総合内科・総合診療科またはそれと同等の後期研修をしたものは,その研修年限分を考慮した中途編入を考慮します.また,他院での研修を中途で希望する場合は,それを考慮します.

総合到達目標

  1. 診断学・症候学・救急初療・内科急性期の病棟管理について指導医水準になる.
  2. 急性期総合病院の内科全般の病棟運営の中核になれる能力を身につける.
  3. 初期~後期研修医の教育の中核になれる能力を身につける.
  4. 学会発表,各種医学雑誌への投稿,臨床研究を行う技術を身につける.

研修内容

GIO(一般目標)

初期研修で得た医学知識・臨床技術・医療者としての態度をさらに成長させて,全人的医療の担い手である総合医となるために,内科疾患全般の知識と技能の習得に努め、後進の教育に役立てる.

SBOs(行動目標)

  1. 患者,家族,医療スタッフの間に良好な信頼関係を築くための態度,コミュニケーション技術を身につける.
  2. 正確で必要十分な病歴聴取が効率よく実施できる.
  3. 必要十分な身体診察を実施し,適切に解釈することができる.
  4. 臨床的問題点を適切に,優先順位をつけて抽出することができる.
  5. 臨床疫学的知識に基づいて,必要な検査の選択と結果の解釈を行うことができる.
  6. 病歴,身体所見,検査結果を総合して治療計画を立案し,実施することができる.
  7. 解決困難な臨床的問題点に対して,診断推論,文献的調査,コンサルトを駆使して問題の解決に努める.
  8. 緊急事態における救命措置,心肺蘇生が実施できる.
  9. 総合医として身につけるべき基本的手技を実施できる.
  10. 終末期医療,緩和医療についての理解,技能を深める.
  11. 必要十分な症例プレゼンテーション技術を身につける.
  12. 症例カンファレンスの司会を担うことができる.
  13. 後輩医師を教育することで屋根瓦式教育の一翼を担う.
  14. 積極的にカンファレンス・レクチャーに参加する.
  15. 公的な学会・研究会に積極的に参加する.
  16. 病理解剖の重要性を理解し,積極的に取り組む.
  17. 日本内科学会認定医・総合内科専門医や,日本老年医学会専門医,日本病院総合診療医学会認定医などの取得を目指す.
日本内科学会臨床研修施設として

日本内科学会認定医試験の受験を前提とした研修を行います.また,将来総合内科専門医の受験を想定した研修を行います.

  • 基本的診療業務
  • 内科系学会での発表(年2回程度)
  • 内科関連学会雑誌での論文発表(年1-2編程度,希望があれぱそれ以上)
  • 2013年度から,教育担当者はJournal of Geriatrics(New York)のEditorを務めています

  • セルフトレーニング受験(年1回)
  • (臓器別診療に関しては,研修医の個々の事情に応じて考慮します.各自の目標に応じて自由にプログラムを組むことも可能ですが,その場合,医師派遣元の医局の制約を受けることがあります)

  • 学会主導の臨床研究に参加する(2015年度は不明熱に関する多施設共同研究をおこなっています)
日本老年医学会臨床研修施設として

日本老年医学会認定医受験を前提とした,臨床研修を行います.
(概要は,当院の「日本老年医学会臨床研修概要」を参照)

  • 学会主導の臨床研究に参加する(例: 高脂血症に関するEUTOPIA試験等).

■ 詳細は,各年度の「名古屋市立西部医療センター総合内科後期研修プログラム」を請求してください.