トップページ » 関係者・採用情報 » 後期研修医募集 » 麻酔科後期研修プログラム

麻酔科後期研修プログラム

研修指導体制

麻酔科常勤医師2名、日本麻酔科学会認定病院の資格を有する。
そのうち
日本麻酔科学会麻酔指導医1名
日本麻酔科学会麻酔専門医1名
日本ペインクリニック学会専門医2名
日本集中治療医学会専門医1名
  

規模

外来2診。手術室8室。ICU4床。HCU8床。
すべて同一フロアー内に効率よく配置されていることが特徴です。

特色

  • 当院は地域周産期母子医療センターとして小児麻酔症例や産科麻酔症例が豊富であることが特徴です。
  • 安全に高度医療が行われるように、高性能な最新の全身麻酔器と人工呼吸器があります。救急外来、手術室、ICU/HCUは生体情報モニターが部門システムで結ばれています。
  • 麻酔科常勤医師はいずれも女性ですので、女性医師のキャリアアップのための助言をすることが可能です。当院は院内保育園を有していますので、育児中の女性医師にも理想的な環境です。
  • 当院では経験が少ないと予想される三次救急症例や、心臓麻酔症例は、名古屋市立大学病院と名古屋市立東部医療センターにおいて経験していただけるようにコーディネートさせていただきます。
  • 救急救命士の気管挿管実習を積極的に受け入れています。
  • 研修後、麻酔・救急・ペインクリニック・集中治療のどの分野にも進めるように、麻酔を基本として指導していきます。名古屋市立大学からの指導をあおぎながら日本麻酔科学会専門医の取得をめざします。

週間スケジュール

手術麻酔(週5日)、ICU(週3日程度)、外来(週2日程度)
当院は開院したばかりですが、今後順調に手術症例が増えることが予想され、症例がかたよることなく研修が可能と予想されます。