トップページ » 関係者・採用情報 » 後期研修医募集 » 消化器内科後期研修プログラム

消化器内科後期研修プログラム

研修指導体制

日本消化器病学会指導医5名
日本消化器内視鏡学会指導医4名

特色と一般目標

内科医に求められる消化器領域の幅広い疾患(消化管・肝胆膵)の診療知識と技術を習得することを目標とする。
疾患としては当領域は急性疾患(吐下血・急性腹症等)と悪性疾患に特徴があり、緊急内視鏡や外科・放射線科との連携も含めたチーム医療の実践や癌化学療法・緩和医療・終末期医療等のがん医療の基本やインフォームドコンセントの実践を経験する。

また、これら一連の医療行為のなかで医療事故を防止するための十分な知識も習得する。
日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会の認定指導施設であり、消化器病学会および内視鏡学会専門医の受験資格を取得する。

研修内容と到達目標

1年目

  • 消化器病全般にわたる病態の成り立ちを理解し、入院患者さんの適切な病歴聴取と身体診察法を習得する。
  • 内視鏡検査・画像診断・生検診断の適応や結果を理解できる。
  • 上部消化管造影検査、注腸検査、腹部エコーの施行および読影をする。
  • 胃管やイレウス管の挿入やPTCDの介助ができる。
  • 指導医のもとで、胃内視鏡や大腸内視鏡が施行できる。
  • 指導医のもとで、患者さん・家族へインフォームドコンセントができる。
  • 症例のプレゼンテーションの仕方を学び、研究会や学会での発表ができる。
  • 初診外来・救急外来を指導医と行なう。

2年目

  • 患者さんの症状・理学的所見から、適正な検査をオーダーし、EBM/ガイドラインを理解して、治療を行なう。
  • 検査の目的・方法・適応・合併症について、患者さん・家族へインフォームドコンセントができる。
  • 胃内視鏡、大腸内視鏡が施行できる。
  • 指導医のもとで、ERCPや内視鏡的止血術・EMRができる。
  • 癌化学療法を適切に計画し、安全に施行できる。
  • 消化器内科外来を行なう。
  • 初期研修医や1年目後期研修医の指導ができる。

3年目

  • ERCPや内視鏡的止血術・EMRができる。
  • 指導医のもとで、ESDや超音波ガイド下検査(腫瘍生検)・治療(PTCD/HCCラジオ波治療)ができる。
  • 消化器救急や癌の診断・治療ができる。
  • 初期研修医や1/2年目後期研修医の指導ができる。
  • 臨床研究の立案ができ、その成果を研究会や学会で発表できる。