トップページ » 関係者・採用情報 » 後期研修医募集 » 内分泌・糖尿病内科後期研修プログラム

内分泌・糖尿病内科後期研修プログラム

研修指導体制

内分泌・糖尿病内科常勤医2名が指導します。

有資格

糖尿病研修指導医/専門医、内分泌代謝科専門医(内科)
  
指導医の指導のもと主体的に診療に当たり、確かな経験を積み上げます。

特色

成育医療に力を注ぐ当院では、成年期・周産期の内分泌疾患、代謝疾患を数多く経験することができます。
糖尿病教室、糖尿病教育クリニカルパスを通して、患者とのコミュニケーション能力を養い、また他部門のスタッフとの連携を経験することで、医療人としての視野を広げます。

一般目標

視床下部・下垂体、甲状腺、副甲状腺、副腎、膵、性腺などの内分泌疾患、糖尿病、脂質代謝異常症、肥満症などの代謝疾患の診断・治療方針を系統的に考え、実施する能力を養う。また、専門医レベルの診療が行えるようになることを目標とする。

行動目標

内分泌疾患

  • ホルモンの種類、合成、分泌、フィードバック機構、作用機序を理解し、各病態でのホルモン動態を把握できる。
  • 代表的な内分泌疾患の症状・所見を修得する。
  • 内分泌的機能検査、画像診断の意義を理解し、適切に実施・評価をすることができる。
  • 診断結果を踏まえ、適切な治療方針を立案し実施することができる。
  • 甲状腺クリーゼ、副腎クリーゼ、高Ca血症など、内分泌疾患の緊急治療ができる。

糖尿病・代謝疾患

  • 病態生理を理解した上で、糖尿病の診断、分類をすることができる。
  • 診断に関連した検査の意義を理解し、それらを適切に実施、評価をすることができる。
  • 病態に応じた食事・運動療法が指導できる。
  • 経口血糖降下薬、インスリン製剤等の種類、作用機序、作用時間、副作用、適応禁忌を理解し、適切に処方し治療効果を評価できる。
  • 糖尿病慢性合併症を適切に診断、治療ができる。
  • 糖尿病急性合併症を適切に診断、治療ができる。
  • 糖尿病合併妊娠の血糖管理を適切に実施できる。
  • チーム医療としての医師の立場を理解し、コメディカルと連携しながら糖尿病療養指導に当たることができる。
  • 脂質・尿酸代謝異常を適切に診断、治療ができる。
  • 電解質異常を適切に診断、治療ができる。
  • 肥満症を適切に診断、治療ができる。

*適切な症例、臨床研究については、学会発表、論文発表を積極的に行う。