トップページ » 関係者・採用情報 » 後期研修医募集 » 脳神経外科後期研修プログラム

脳神経外科後期研修プログラム

名古屋市立西部医療センター脳神経外科紹介

研修指導体制

  • 脳神経外科常勤医2名
  • 脳神経外科学会専門医2名
  • 脳神経外科学会専門医2名のうち、小児脳神経外科医1名、脳卒中学会専門医1名、脳血管内治療学会指導医1名

上記の有資格医が指導にあたります。

規模

  • 平成23年4月新設の診療科です。
  • 年間入院患者数50人前後、小児病棟年間入院患者数15人前後、外来年間患者数のべ2,500人前後

特色

  • 名古屋市内北部に位置し、名古屋市立大学病院、東部医療センターにも近く、“3病院トライアングル”を有機的につなげた臨床および基礎研修が可能です。
  • 当科の方針は“仕事のオン-オフの確立”であり、学会参加や講演会参加も積極的に推進しています。
  • 約半数が女性スタッフであり、“女性に優しい”研修病院を目指しています。
  • 看護師やコメディカルとの連携もよく、“良い雰囲気”の中での研修が可能です。

脳神経外科後期研修

初期研修に更なる専門的な研鑽を積むことで、脳神経外科を専攻する医師としての後期研修を行います。

一般目標

  1. 診察を通して異常を発見する技術を習得する。
  2. 一般的な感染症や院内感染に関する治療や予防法について理解する。
  3. 診断や治療について、わかりやすい表現で家族や本人に説明する技術を習得する。
  4. (小児)中枢神経系の先天異常について理解し、出生前診断からの継続的な取り組みや治療を学ぶ。
  5. (小児)患児に苦痛や恐怖心を与えないよう素早くかつ的確に診察する技術を身につける。
  6. 脳卒中/頭部外傷などの救急患者の的確な診断技術と検査計画・初期治療の立案と思考を確立する。
  7. 放射線検査の準備/計画と読影技術の確立。
  8. 脳腫瘍治療計画の立案と確実な施行。

行動目標

【1】方略
  1. 入院患者を主治医として担当する
  2. 外来患者を主治医として担当する
  3. 救急を担当する
  4. 症例検討会で発表、討議をする
  5. 学会発表、論文作成をおこなう
【2】下記の基本的診察法が実施できる。
  1. 面接技法
  2. 全身の観察法
  3. 神経学的診察
  4. 頭頸部の診察(脳神経・頸部血管雑音の評価を含む)
  5. 胸部の診察(心雑音、呼吸音)
【3】基本的検査法が実施できる
A.必要に応じて自ら検査を実施あるいは指示し、結果を正しく解釈できる。
  1. 血算
  2. 血液型判定・交差試験
  3. 心電図
  4. 動脈血ガス分析
  5. 血液生化学的検査
  6. 細菌学的検査・薬剤感受性検査(検体の採取、細菌についての評価)
  7. 単純X線検査
  8. X線CT
  9. MRI検査
  10. DSA検査
  11. PET
B.適切に検査結果を重要度順に分類/選択して指示する、もしくは指導医の監督下で自ら検査を行い結果を正しく解釈できる。
  1. 血液検査
  2. 超音波検査(頸部血管エコー)
  3. 髄液検査(髄液採取、細胞数測定)
  4. 神経生理学的検査(脳波)
  5. 内分泌学的検査
【4】基本的治療法
A.以下の基本的治療法の適応を決定し、実施できる。
  1. 薬剤の処方(体重・年齢・体表面積に応じた投与量)
  2. 輸液管理(年齢、脱水症の程度に応じて補正量・維持輸液量を設定)
  3. 輸血・血液製剤の使用(血漿交換・交換輸血を含む)
  4. 抗生剤の使用
  5. 副腎皮質ステロイドの使用(内服・静注)
  6. 呼吸管理
  7. 循環管理(不整脈を含む)
  8. 血管ルートの確保(末梢、中心静脈、動脈圧ライン)
  9. 経腸栄養法
  10. 療養指導(安静度、体位、食事、入浴、排泄、環境整備を含む)
B.必要性を判断し、適応を決定できる。
  1. 外科的治療
  2. 放射線治療
  3. リハビリテーション 
  4. 精神的・心身医学的治療
【5】基本的手技:以下の基本的手技の適応を決定し、実施できる。
  1. 注射法(皮内、皮下、静注、点滴、中心静脈確保)
  2. 採血法(静脈血・動脈血)
  3. 穿刺法(腰椎・胸腔)
  4. 導尿法
  5. 浣腸
  6. 局所麻酔法
  7. ドレーンチューブ類の管理法
  8. 心肺蘇生術(気道確保、挿管手技、心臓マッサージ)
【6】以下の救急診察/処置を適切に行い、必要に応じて専門医に診察を依頼することができる。
  1. バイタルサインの把握
  2. 重症度および緊急度の把握(判断)
  3. 心肺蘇生術(気道確保・心マッサージ)の適応判断と実施
  4. 指導医や専門医(専門施設)への申し送りと移送
【7】下記の項目に配慮し、患者・家族と良好な人間関係を確立できる。
  1. コミュニケーションスキル
  2. 患者、家族のニーズと心理的側面の把握
  3. 生活習慣変容への配慮
  4. インフオームドコンセント
  5. プライバシーヘの配慮
【8】以下の予防医療を実施あるいは重要性を認識し、適切に対応できる。
  1. 食事指導
  2. 運動指導
  3. 禁煙(家庭内での禁煙、もしくは喫煙場所の選択、敷地内禁煙の重要性について)
  4. ストレスマネージメント
  5. 院内感染(Universal Precautionsを含む)
【9】全人的理解に基づいて、以下の末期医療を実施できる。
  1. 告知をめぐる諸問題への配慮 
  2. 身体症状のコントロール(WHO方式がん疼痛治療法を含む)
【10】以下のチーム医療を理解し、必要に応して実施できる。
  1. 指導医や専門医へのコンサルテーション
  2. 他科、他施設への紹介・転送
  3. 医療・福祉・保健所の幅広い職種からなるチームの組織
  4. 在宅医療チームの調整
  5. NSTチームの活用
【11】電子カルテを利用した以下の医療記録を適切に作成し、管理できる。
  1. 診療録
  2. 処方箋、指示箋
  3. 診断書、死亡診断書(死体検案書を含む)、その他の証明書
  4. 紹介状とその返事
【12】以下の診療計画・評価を実施できる。
  1. 必要な情報収集(文献検索を含む)
  2. プロブレムリストの作成
  3. 診療計画(診断、治療、患者への説明の計画)の作成  
  4. 入退院の判断
  5. 症例提示・要約
  6. 自己評価および第三者による評価をふまえた改善
  7. 剖検所見の要約・記載
【13】緊急を要する病態を理解する
  1. 意識障害
  2. 呼吸障害(チアノーゼ、多呼吸、呻吟、陥没呼吸)
  3. 無呼吸
  4. 心雑音・不整脈
  5. 痙攣
  6. 血便
  7. 黄疸
  8. 筋力低下