トップページ » 関係者・採用情報 » 後期研修医募集 » リウマチ膠原病内科後期研修プログラム

リウマチ膠原病内科後期研修プログラム

指導体制

副部長 リウマチ学会専門医

特色

リウマチ膠原病内科が担当する診療は、リウマチ性疾患、自己免疫疾患が中心となります。
これらの疾患は多臓器を障害する全身性疾患です。
従って当科は全身の臓器に対する幅広い見識が必要であり、循環器、呼吸器、腎臓、血液、神経学などの基礎能力が養われます。
また、最も診断の困難な不明熱のコンサルトは当科に委ねられることが多く、臨床医としての総合力が必要とされます。

また昨今関節リウマチの早期診断、早期治療の重要性が強調されており、関節炎の診療も内科医に求められる時代となってきています。関節炎に対するアプローチを身につけることができます。
関節リウマチ・膠原病を専門として診療を行っている内科は、東海地区では少ないため紹介患者様が多数あり、多くの症例を経験することができます。

研修目標

基本的知識

  1. 自己免疫疾患の疾患概念を理解するために、リウマチ・膠原病に関する基本的知識を修得する。
  2. 免疫臓器・組織の構造と機能について説明できる。
  3. 免疫担当細胞の発生と分化について説明できる。
  4. 血漿蛋白、免疫グロブリン、免疫複合体について説明できる。
  5. 血管炎の病理について説明できる。
  6. 関節の構造について説明できる。

主要症候と診察

リウマチ膠原病内科の診療において的確な診察ができるようになるために、主要症侯を理解しその診察法を習得する。

  1. リウマチ性疾患の特性に配慮した病歴を取ることができる。
  2. 主要な皮疹(紅斑、浮腫、皮膚硬化、結節性紅斑)の鑑別ができる。
  3. 表在リンパ節、甲状腺の所見がとれる。
  4. 口腔内・結膜の乾燥状態の所見がとれる。
  5. 関節所見(腫脹、圧痛、変形など)がとれる。
  6. 筋所見(疼痛、脱力など)がとれる。
  7. レイノー現象を診断しその鑑別ができる。
  8. 胸部病変(間質性肺炎、漿膜炎、肺高血圧症、心筋障害)の有無を把握できる。
  9. 腎・尿路系病変の有無を把握できる。
  10. 精神・神経病変(精神症状・てんかん・末梢神経障害)の有無を把握できる。
  11. 多臓器にわたる病変を系統的に把握できる。

基本となる検査

リウマチ膠原病内科の診療において的確な検査法の選択と結果の解釈ができるようになるために、リウマチ・膠原病の診断、治療に必要な臨床検査法とその意義を習得する。

  1. 血清免疫グロブリン測定の意義を説明し、適応を述べることができる。
  2. 血清補体価測定の意義を説明し、適応を述べることができる。
  3. 自己抗体(疾患標識抗体、抗核抗体、抗DNA抗体、リウマトイド因子、抗好中球細胞質抗体を含む)測定の意義を説明し、適応を述べることができる。
  4. 血清免疫電気泳動法の意義を説明し、適応を述べることができる。
  5. 梅毒反応生物学的偽陽性の意義を説明することができる。
  6. 生検組織(リンパ節・皮膚・腎・口唇・甲状腺)を実施 (指示)し結果を解釈できる。
  7. 関節X線写真の読影ができる。
  8. 筋電図検査の意義を説明し、適応を述べることができる。
  9. 骨密度測定の意義を説明し、適応を述べることができる。

基本となる治療法

膠原病内科の診療において的確な治療および管理ができるようになるために、リウマチ・膠原病に対する基本的な治療法を習得する。

  1. 副腎皮質ステロイド治療の適応判断、投与法の選択、副作用管理が適切にできる。
  2. 各種免疫抑制剤の適応判断、投与法の選択、副作用管理が適切にできる。
  3. 疾患修飾性抗リウマチ剤の適応判断、投与法の選択、副作用管理が適切にできる。
  4. 血液浄化療法、血漿交換療法の適応を述べることができる。
  5. リウマチ・膠原病に必要な生活指導(安静度・食事療法・運動を含む)・リハビリテーションの適応を判断し、適切な指示と管理を行うことができる。