トップページ » 関係者・採用情報 » 後期研修医募集 » 外科後期研修プログラム

外科後期研修プログラム

当院外科は、消化器外科(食道、胃、腸、肛門、肝・胆・膵)、乳腺内分泌外科(乳腺、甲状腺、副腎)、呼吸器外科(肺、縦隔、胸壁)、末梢血管外科、小児外科、一般外科に対する外科診療をしており、それぞれの疾患治療を専門医が指導しています。また、内視鏡下手術も最新の内視鏡手術システムが導入され、積極的に治療しています。

外科はそれぞれの専門治療のみでなく、全体のチームワークが重要で、それが診療に反映されてきますので、チームとして治療に当たることを大切にしています。
消化器腫瘍センターも設置され、消化器内科との強い連携のもと、最新の治療を提供できるよう努めています。

外科後期研修の目標としては、日本外科学会外科専門医取得を目指しています。
外科専門医の資格を取得するためには、まず、外科学会に所属して5年間の指定カリキュラムを終了し、所定の試験に合格する必要があります。

このカリキュラム開始時には、日本外科学会に入会し、修練開始登録をする必要があります。
ただし、卒後初期臨床研修期間満了後6ヵ月以内に修練開始登録をすれば卒後初期臨床研修開始時まで遡って登録したとみなされますので、後期研修から3年経過した時に所定の手術経験があれば試験を受けることができます。

具体的には350例以上の手術手技を経験(うち120例以上は術者としての経験が必要)し筆記試験と面接試験を経て認定されます。(手術経験のうち、心臓・大血管の手術については当院関連の施設での研修となります。)

当院は平成23年5月に開院されましたが、外科学会指導医2名、外科学会専門医6名と、充実したスタッフがそろい、最新の手術機械を有しており、新しい手術室で、後期研修として充分の手術件数もあり、また、主治医としての経験も、上級医のもとに充分経験できるように指導していきます。

また、他科や看護師、コメディカルとの連携もよく、良い環境、雰囲気の中での研修が可能です。

研修プログラム

 外科専門医修練カリキュラム(平成23年1月25日改定)に則って行います。

外科専門医修練カリキュラム

外部サイトへリンクします。

具体的な研修内容

後期研修時に手術研修する疾患として、各個人の熟練度に応じて考慮されるが、概ね習熟すべき手術の目安は以下の通りです。

後期1年時
鼠径ヘルニア手術、虫垂切除術、人工肛門造説術、腹腔鏡下胆嚢摘出術、胃切除術、開腹結腸切除術、乳癌手術、気胸手術、胸腔鏡下肺部分切除術
後期2年時
胃全摘術、直腸切除術、肝部分切除術、肺葉切除術

週間スケジュール例

 
    乳腺MMG読影会    
午前 手術 手術/外来 外来/回診 手術 手術
午後 手術 手術 手術/検査 手術 手術
呼吸器C 乳腺C 消化器C
外科検討会