トップページ » 関係者・採用情報 » 後期研修医募集 » 泌尿器科後期研修プログラム

泌尿器科後期研修プログラム

日本泌尿器科学会研修認定施設として、将来同学会専門医資格を取得するためのプログラムである。
専門領域科宣言後3年間研修終了により専門医試験の受験資格を得る。
本カリキュラムの特徴としては、広範な泌尿器科医療の基礎を学ぶとともに、クリティカルパスを基盤としたチーム医療体制を身に付けスキルアップを目指すものである。
さらに、地域医療支援病院として泌尿器科医に対する地域の要求度を理解し、自立した泌尿器科専門医として社会に貢献するための礎を養うものである。

研修内容と到達目標

3年間の研修の目標は、泌尿器科全般にわたる診断技術および治療手技の習熟である。外来診療が単独でおこなえ、治療の必要性・手術適応を判断できる。
難易度の低い手術手技を自立して完遂でき、難易度の高い手術では助手として術野と手術の進行を学びながら術者をサポートして、周術期管理を担当できる。
また、学会活動に積極的に参加し、自立して症例報告がおこなえる。

実際に行われる研修内容は下記の通りである。

1年目

指導医の指導・補助を受けながら、以下の研修をおこなう。

  1. 手術:難易度の低い手術(環状切除術、精巣摘除術、経尿道的前立腺切除術等)の術者を経験・完遂または部分的におこなえる。大手術(前立腺または膀胱全摘術,鏡視下腎摘除術等)については、第1または第2助手として手術を完遂する。
  2. 外来:新患の病歴・理学所見の聴取が行なえる。尿路のX線検査・超音波検査・膀胱尿道の内視鏡検査を行う。検査結果を正確に把握し、患者さんに十分な説明ができる。
  3. 病棟:大多数の手術患者の周術期管理ができる。カンファレンスで症例提示がおこなえる。
  4. 臨床研究:学会等に積極的に参加する。貴重な症例については学会報告を行い,論文発表する。

2年目

基本的内容は1年目と同じであるが、より自立しておこなうことを目指す。

3年目

泌尿器科専門医に要求される診療内容全般を、十分に自立しておこなえる。

  1. 手術:難易度の低い手術は自立した術者として完遂できる。大手術については、助手としてのみならず術者としても経験する。
  2. 外来:新患のみならず週1~2回の再来診療も担当し、幅広い診断技術を習得し、治療・手術適応の判断を自立しておこなえる。
    わかりやすい診断結果の説明・十分なオプション提示・クリティカルパスに基いた治療内容の説明等を通して、接遇面・コミュニケーションスキルの向上が要求される。
  3. 病棟:病態や家庭内事情の複雑な背景を有する症例、術後合併症の発生した症例に対しても、適切な治療方針の決定・変更がおこなえる。
  4. 臨床研究:学会等に積極的に参加する。自施設の診断技術や治療成績を検討した臨床研究を学会・論文発表する。

学会による施設認定

日本泌尿器科学会専門医教育施設(基幹教育施設)