平成29年度 西部医療センター 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 2,195 252 311 651 760 890 1,898 2,669 1,454 271
2017年4月1日~2018年3月31日までの期間において、当院を退院された患者さんの年代別患者数となります。この分布にて患者構成を知ることができ、幅広い診療を行っているかを知ることができます。
当院は、小児・周産期医療、がん医療、脊椎医療、陽子線治療など特徴ある医療を提供するとともに、地域の中核病院としての役割を担っており、特に10歳未満および60歳以上80歳未満の患者さんが多い構成となっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性手術 手術なし手術・処置等1あり手術・処置等2-なし 197 2.23 3.59 0.00 71.71
040040xx99040x 肺の悪性手術 手術なし手術・処置等1なし手術・処置等2-4あり副傷病なし 169 10.01 11.99 0.00 68.85
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上)手術なし手術・処置等2-なし副傷病なし 36 13.33 15.12 0.00 82.81
040040xx9908xx 肺の悪性手術 手術なし手術・処置等1なし手術・処置等2-8あり 35 11.46 11.75 0.00 72.94
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎手術なし手術・処置等2-なし副傷病なし 28 19.00 20.83 17.86 81.00
当院は、愛知県よりがん診療拠点病院の指定を受け、院内では呼吸器腫瘍センターの体制を整えております。肺癌症例が最も多く、呼吸器内科では肺癌の診断入院から化学療法の治療入院を中心に放射線治療など総合的な治療を行っています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全手術なし手術・処置等1-なし手術・処置等2-なし副傷病なし 57 14.65 17.71 7.02 82.21
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2-なし 副傷病なし 52 3.40 3.03 3.85 70.71
050190xx99x0xx 肺塞栓症手術なし 手術・処置等2-なし - 12.38 15.05 0.00 68.63
050130xx9910xx 心不全 手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2-なし - 20.25 15.87 25.00 66.50
050210xx97000x 徐脈性不整脈手術あり手術・処置等1-なし、1,3あり 手術・sw予知等2-なし 副傷病なし - 12.14 11.21 0.00 84.29
狭心症、心不全の症例が多く、カテーテル検査および治療、ペースメーカー移植・交換などの治療を行っています。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 41 22.32 16.38 21.95 66.12
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-2あり 副傷病なし 19 17.53 16.51 5.26 69.37
010110xxxxx40x 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 手術・処置等2-4あり 副傷病なし - 14.22 16.95 0.00 58.89
010160xx99x00x パーキンソン病 手術なし手術・処置等2-なし 副傷病なし - 15.00 18.66 0.00 64.50
010060x0990201 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降又は無症候性、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-2あり 副傷病なし - 19.14 16.33 14.29 70.57
脳梗塞やてんかん疾患の症例が多い状況です。当院では医療連携を推進しており、急性期治療が終了した患者さんの回復期病院などへ転院率も高くなっております。
腎透析内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 22 10.00 12.23 4.55 71.77
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-1あり 副傷病なし 18 14.50 14.55 11.11 69.44
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2-なし - 13.29 22.12 0.00 51.43
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 手術・処置等2-なし - 10.86 12.34 14.29 61.00
110280xx99001x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病あり - 15.50 20.39 25.00 83.75
慢性的な腎炎・腎不全に対する投薬治療や人工透析を行っています。
内分泌内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2-1あり 副傷病なし 39 16.69 0.00 66.31
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2-1あり 副傷病 30 23.10 0.00 64.83
100071xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2-1あり 副傷病あり 13 28.77 7.69 70.00
100180xx99000x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 11 2.45 5.76 0.00 55.55
100040xxxxx00x 糖尿病性卦とアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2-なし 副傷病なし 10 23.40 13.57 0.00 44.70
糖尿病における教育入院も多く、2型糖尿病の疾患が最も多くなっています。インスリン療法、内服治療、食事療法、運動療法など幅広く治療を行っています。
血液腫瘍内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 90 12.06 16.48 0.00 72.41
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり手術・処置等2-2あり 19 49.79 40.97 0.00 63.68
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等2-2あり 副傷病なし 18 40.56 33.42 0.00 63.67
130030xx99x00x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 13 5.23 10.48 0.00 68.92
130040xx99x5xx 多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物 手術なし手術・処置等2-5あり 12 24.17 15.47 0.00 69.67
悪性リンパ腫の症例が多く、複数の抗がん剤を組み合わせた化学療法の治療を多く扱っています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2-なし 副傷病なし 61 14.39 10.61 1.64 73.70
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 41 7.56 7.87 2.44 61.54
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2-なし 39 11.31 11.44 0.00 73.08
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2-なし 28 9.57 8.73 0.00 73.68
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの)その他の手術あり手術・処置等2-なし 27 12.96 10.71 0.00 73.81
当院は、愛知県よりがん診療拠点病院の指定を受け、院内では消化器腫瘍センターの体制を整えており、多岐にわたる消化器系がん疾患における内視鏡的治療、化学療法、放射線治療など総合的治療を多く行っています。その中で肝・肝内胆管癌が最も多く、次いで胃癌症例、胆嚢胆管疾患が多い状況です。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 254 6.24 6.18 0.79 0.00
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 204 5.07 5.94 0.49 1.25
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 114 4.99 5.70 0.00 3.92
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2-なし 100 4.21 5.50 0.00 3.46
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2-なし 副傷病なし 91 5.65 6.32 0.00 2.64
院では、新生児集中治療室(NICU)・小児医療センターの体制を整えております。そのため、新生児異常疾患の治療をはじめ、小児の気管支炎、肺炎、喘息の治療が多い状況となります。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2-なし 78 14.45 12.35 0.00 68.67
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 18 5.67 11.99 0.00 59.11
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2-なし 副傷病なし 12 11.50 10.04 0.00 31.50
040030xx01xxxx 呼吸器系の良性腫瘍 肺切除術 気管支形成を伴う肺切除等 - 14.86 9.85 0.00 68.71
040040xx9908xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-8あり - 4.00 11.75 0.00 74.71
当院は、愛知県よりがん診療拠点病院の指定を受け、院内では呼吸器腫瘍センターの体制を整えております。肺癌症例が最も多く、呼吸器外科では積極的に胸腔鏡を使用した低侵襲手術をはじめ化学療法、放射線治療など総合的な治療を行っています。
消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 64 17.09 15.61 0.00 71.67
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 45 9.40 8.98 0.00 65.82
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 41 7.44 6.64 0.00 55.44
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2-なし 33 17.94 17.27 0.00 71.06
060010xx99040x 食道の悪性腫瘍(警部を含む)手術なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 33 11.15 9.69 0.00 67.64
当院は、愛知県よりがん診療拠点病院の指定を受け、院内では消化器腫瘍センターの体制を整えており、多岐にわたる消化器系がん疾患における手術療法、化学療法、放射線治療など総合的治療を多く行っています。癌の中で最も多い症例は結腸癌で、次いで胃癌となっています。
乳腺甲状腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2-なし 49 9.90 10.15 0.00 61.06
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)手術・処置等2-なし 47 4.62 6.37 0.00 57.26
090010xx99x30x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-3あり 副傷病なし 32 2.69 8.86 0.00 56.22
090010xx99x6xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-6あり  29 3.72 4.42 0.00 57.97
090010xx99x9xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-9あり  29 8.15 6.78 0.00 63.65
乳がん症例が多く、診断から手術、化学療法、放射線療法など総合的な治療を多く行っています。また、集計表には掲載していませんが、甲状腺がん治療も当科で扱っています。
小児外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等 15 2.00 8.33 0.00 3.60
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 - 7.56 5.56 0.00 9.67
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 副傷病なし - 5.88 7.01 0.00 10.88
060570xx99xxxx その他の消化管の障害 手術なし - 6.33 7.53 0.00 6.50
060150xx02xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの等 - 11.60 9.88 0.00 10.00
新生児集中治療室(NICU)・小児医療センターの体制を整えており、当院の小児外科においては、虫垂炎の手術治療を多く行っています。他にヘルニア、ヒルシュスプルング等の手術も行っております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070343xx99x20x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等2-2あり 副傷病なし 81 6.78 6.65 0.00 68.51
070341xx020xxx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 頸部 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 後方又は後側方固定等 手術・処置等1-なし 71 27.11 22.08 26.76 68.63
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等2-なし 66 35.12 21.70 40.91 70.80
070343xx01x2xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等2-2あり 62 36.60 36.64 40.32 68.65
070350xx97xxxx 椎間板変性、ヘルニア その他の手術あり 46 22.00 16.53 2.17 40.11
当院では、脊椎センターの体制を整えており、主には脊椎疾患などにおける手術治療を多く行っています。急性期治療(手術等)を行った後、リハビリテーション病院等に転院した患者さんの割合が高くなっています
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 87 7.75 7.31 0.00 73.38
110080xx99030x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-3あり 副傷病なし 48 18.69 14.81 0.00 75.19
11022xxx03xxxx 男性生殖器疾患 精索静脈瘤手術等 31 2.26 3.24 0.00 25.13
11022xxx99xxxx 男性生殖器疾患 手術なし 27 7.67 8.94 0.00 62.78
11013xxx06xxxx 下部尿路疾患 膀胱結石、異物摘出術 経尿道的手術等 18 7.39 5.74 0.00 69.00
当院では、尿路結石に対する結石破砕術を多く行っているほか、膀胱腫瘍に対する経尿道的手術や治療も多い状況です。また、DPC症例対象外ですが前立腺がんの疑いがある患者さんに対する前立腺生検も多く行っています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 177 8.93 9.75 0.00 34.80
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 88 4.38 4.98 0.00 65.28
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等  65 9.80 9.67 0.00 34.34
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等  63 10.40 9.91 0.00 43.86
120010xx99x70x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-7あり 副傷病なし 60 3.97 4.63 0.00 62.95
当院は、地域周産期医療センターとしての体制を整えており、年間の分娩件数は1400件を超える施設となっています。また、がん診療拠点病院として婦人科における子宮がん(腫瘍)などの手術、化学療法などの治療も行っています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1-あり 手術・処置等2-なし 27 7.19 7.31 0.00 70.26
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり 21 7.71 6.63 0.00 65.86
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 19 12.16 10.21 0.00 57.84
020200xx9700xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1-あり 手術・処置等2-なし 11 6.18 7.38 0.00 71.82
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等1-なし - 2.14 3.29 0.00 74.86
当院では、手術を目的とした眼科治療が多く、黄斑、網膜剥離に対する治療が多く行われているほか、眼瞼下垂などの治療も多く扱っています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 77 8.70 8.01 0.00 16.43
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 33 5.82 5.48 0.00 33.79
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 26 5.12 5.15 0.00 62.12
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 16 9.19 7.23 0.00 58.25
030428xxxxxxxx 突発性難聴 15 7.67 9.18 0.00 57.67
当院では、扁桃、アデノイド疾患が最も多く、口蓋扁桃摘出術やアデノイド切除術などを行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 29 8 9 39 43 107 1 7
大腸癌 32 25 39 61 90 147 1 7
乳癌 72 77 6 6 29 104 1 7
肺癌 77 28 92 101 205 295 1 7
肝癌 19 17 5 6 17 58 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院は、愛知県指定のがん診療拠点病院として、幅広いがん治療を提供をしておりますが、その中でも最も罹患率の高い5大癌(胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がん)の病期(Stage)ごとに症例数を示したものです。症例数を病期ごとに知ることで、その病院においてのがん診療の幅(早期~末期)を確認することができます。
当院では、消化器腫瘍センター、呼吸器腫瘍センターを開設しており、肺癌・大腸癌・胃癌の患者さんが多く、初期癌(StageⅠ)~進行癌まで幅広い病期の診療を行っています,また乳がんの患者さんも増加傾向です。全体としてStageⅠの患者さんが多いのですが、早期のうちに内視鏡治療、腹腔・胸腔鏡下手術など患者さんの負担が少ない治療を行ってます。また、StageⅢ、Ⅳの患者さんも少なくなく、これらのがん治療は、手術療法、化学療法、放射線療法など総合的な治療を行っています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症
中等症 38 17.18 75.24
重症 28 21.75 80.18
超重症 15 26.47 80.60
不明
20歳以上(成人)の肺炎患者さんについて、重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を示したものです。肺炎は罹患率、死亡率も高く、国民の死亡原因の上位になる疾患の一つです。重症度の分類は、ガイドラインによるA-DROPシステムによる分類です。
当院では、中等症~重症の患者さんが多く、年齢が高いほど重症化し、在院日数も長くなる傾向があります。早期診断、早期治療に努めていきます。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 102 26.72 70.89 21.57
その他 12 19.67 71.67 16.67
脳梗塞における病型別の患者数になります。発症日から3日以内、その他と分類してあるのは、早期発見、早期治療による治療成績が異なるためで、転院率は当院での急性期治療を行ったあと、地域のリハビリテーション病院等に転院した割合を示しています。
当院では、発症から3日以内の脳梗塞に対する治療が多く、治療後はおよそ5人に1人の患者さんが転院されています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
呼吸器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
k509-3 気管支内視鏡的放射線治療用マーカー留置術 13 0.00 1.00 0.00 67.15
k6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 9 28.33 13.00 33.33 73.22
k6151 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) - 11.00 7.00 0.00 71.33
当院では、陽子線治療センターを開設しており、肺癌における陽子線治療前にマーカーを留置する手術が上位となっています。マーカーを留置することで、より正確な治療を実現し正常範囲への影響を最小限にします。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
k7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 318 0.14 1.09 0.00 67.30
k688 内視鏡的胆道ステント留置術 83 4.49 13.87 4.82 73.54
k7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 42 0.05 1.40 0.00 66.98
k654 内視鏡的消化管止血術 35 1.37 11.83 0.00 74.91
k6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 31 1.42 7.00 0.00 73.77
当院では、消化器腫瘍センターの体制を整えており、消化器内科では内視鏡を用いた手術を行っております。大腸ポリープや腫瘍に対する内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術が最も多く、次いで胆道や膵臓疾患に対する内視鏡的胆道ステント留置術が上位となっています。内視鏡を使用する手術では患者さんの負担や在院日数などが軽減されます。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
k6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - 22.25 27.00 37.50 84.50
k5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) - 3.57 12.43 0.00 85.29
k5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) - 5.00 3.17 0.00 75.17
k616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - 1.00 3.00 0.00 77.00
k5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) - 0.00 7.33 0.00 59.00
ペースメーカー移植・交換術を行っております。また、虚血性心疾患(心筋梗塞や狭心症など)に対する経皮的冠動脈ステント留置術といった心臓カテーテル治療も行っております。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
k9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 118 0.00 18.89 3.39 0.00
k9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) 87 0.00 37.71 0.00 0.00
k7151 腸重積症整復術(非観血的) - 0.00 2.17 0.00 1.17
k2861 外耳道異物除去術(単純) - 11.33 11.0 0.00 0.00
k7291 腸閉鎖症手術(腸管切除を伴わない) - 1.50 33.00 0.00 0.00
地域周産期母子医療センターである当院では、出生時における仮死蘇生術が多い状況となっています
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
k514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 39 2.33 11.18 0.00 68.05
k514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除) 24 2.50 11.50 0.00 67.00
k5131 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺膿胞手術(楔状部分切除) 16 9.19 8.13 0.00 38.50
k514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 14 2.14 10.50 0.00 71.00
k5132 胸腔鏡下肺切除術(その他) 9 3.00 10.56 0.00 66.44
当院では、肺癌や転移性肺腫瘍、縦隔腫瘍、悪性胸膜中皮腫などの呼吸器悪性腫瘍を専門に治療する部門である呼吸器腫瘍センターの体制を整えており、呼吸器外科における手術は肺癌手術が上位となっています。肺、縦隔、胸壁の疾患に対して、胸腔鏡を使用した低侵襲手術を行い、少しでも患者さんの負担を軽減できるよう努めています
消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
k634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 67 1.24 1.61 0.00 66.90
k672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 60 3.07 4.95 0.00 57.73
k719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍摘出術 57 5.79 11.37 1.75 72.33
k718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 25 0.72 4.36 0.00 43.04
k740-22 腹腔鏡下直腸切除・切断術(低位前方切除術) 23 7.26 18.26 0.00 68.87
当院は、消化器腫瘍センターの体制を整えており、胃、大腸、食道がん手術を多く扱っています。患者さんの負担を考慮した腹腔鏡下胆嚢摘出術、ヘルニア手術が上位となっています。
乳腺甲状腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
k4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 48 1.04 2.69 0.00 57.40
k4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 48 2.88 7.67 2.08 61.71
k4741 乳腺腫瘍摘出術(長径5cm未満) 12 1.00 1.58 0.00 41.50
k4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を実施しない)清を伴わない)) 11 2.73 12.91 0.00 63.27
k4742 乳腺腫瘍摘出術(長径5cm以上) - 1.00 2.11 0.00 47.89
乳がん症例が多く、診断から手術、化学療法、放射線療法など総合的な治療を多く行っています。また、集計表には掲載していませんが、甲状腺がん治療も当科で扱っています。
小児外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
k634 胸腔鏡下鼠蹊ヘルニア手術(両側) 61 0.00 1.00 0.00 5.18
k6335 鼠蹊ヘルニア手術 18 0.17 1.06 0.00 3.72
k6333 臍ヘルニア手術 15 0.00 1.00 0.00 3.60
k718-21 胸腔鏡下虫垂切除術(虫垂腫瘍膿瘍を伴わないもの) - 0.71 5.43 0.00 10.29
k718-22 胸腔鏡下虫垂切除術(虫垂腫瘍膿瘍を伴うもの) - 0.40 10.20 0.00 10.00
鼠径ヘルニア手術が上位となり、腹腔鏡手術を積極的取り入れ、患児に対する侵襲の少ない手術を行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
k1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 129 11.12 23.19 41.09 68.71
k1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 77 7.44 20.79 27.27 67.79
k1342 椎間板摘出術(後方摘出術) 39 7.00 12.05 2.56 37.77
k1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方又は後側方固定) 25 14.76 32.92 64.00 70.96
k0811 人口骨頭挿入術(股) 10 7.80 17.80 70.00 80.70
当院では、脊椎センターの体制を整えており脊椎に関連した手術が上位となっています。高齢化社会に伴い脊椎疾患に対する手術の必要性が高まり、また早期の社会復帰のためにできるだけ低侵襲な手術が要求されるようになってきました。当院では、最新の顕微鏡を用いて脊椎の手術を行っています。顕微鏡下の手術は、明るい視野で安全に手術を行うことができる一方、背筋に対する侵襲をできるだけ小さくすることが可能な手技です。腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症に対して適応されます。手術の翌日から歩行が可能な術式です。急性期治療(手術等)を行った後、リハビリテーション病院等に転院した患者さんの割合が高くなっています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
k8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 56 1.07 5.55 0.00 72.21
k768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 42 0.69 1.05 0.00 56.26
k8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 33 1.42 5.79 0.00 75.55
k834 精索静脈瘤手術 31 0.26 1.00 0.00 25.13
k783-2 経尿道的尿管ステント留置術 19 2.42 5.16 0.00 59.32
膀胱悪性腫瘍手術・経尿道的手術となり、尿道から内視鏡を挿入して腫瘍を切除する手術を、行っております。次いで、体外衝撃波腎・尿管結石破砕術は尿路結石を衝撃波により細かく砕き、体外へ排出を容易にするための手術となります。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
k8982 帝王切開術(選択帝王切開) 226 3.81 6.92 0.00 34.40
k8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 91 1.85 7.27 0.00 34.41
k877 子宮全摘術 73 1.92 8.66 0.00 47.67
k9091 流産手術(妊娠11週まで) 47 0.43 0.91 0.00 33.62
k8881 子宮附属機腫瘍摘出術(両側)(開腹) 38 0.97 8.11 0.00 45.26
当院は、地域周産期医療センターとしての体制を整えており、年間の分娩件数は1300件を超える施設となっています。地域の医療機関では対応が難しいハイリスクな患者さんを受け入れているので帝王切開の件数が多くなっています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
k2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 360 0.11 3.08 0.83 75.78
k2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 61 0.20 7.38 0.00 67.43
k2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) 18 0.28 7.00 0.00 66.56
k2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転送法) - 0.00 1.20 0.00 76.80
k279 硝子体切除術 - 0.40 3.60 0.00 70.20
当院では、白内障に対する水晶体再建術(眼内レンズ挿入)が上位となり、次いで網膜疾患に対する硝子体手術となっております。白内障については、日帰り手術など患者さんの時間的、経済的な負担にも配慮し治療しています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
k3772 口蓋扁桃手術(摘出) 72 1.32 6.53 0.00 17.92
k309 鼓膜(排液・換気)チューブ挿入術 18 0.94 2.11 0.00 7.28
k340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 15 1.40 6.80 0.00 57.47
k287 先天性耳瘻管摘出術 10 0.40 1.00 0.00 17.50
k347 鼻中隔矯正術 - 1.00 7.00 0.00 41.00
咽喉頭疾患に対する口蓋扁桃手術が上位となっており、次いで内視鏡下鼻・副鼻腔手術となっています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 3 0.03
異なる 26 0.22
180010 敗血症 同一 31 0.27
異なる 34 0.29
180035 その他の真菌感染症 同一 3 0.03
異なる 1 0.01
180040 手術・処置等の合併症 同一 32 0.27
異なる 3 0.03
臨床上ゼロにはできませんが、少しでも改善すべきものとして、重篤な疾患である4つの傷病について症例数、発生率を示しています。DICや敗血症は早期診断、早期治療が求められる重篤な傷病で入院後に発症する場合も多く、重症化するケースや基礎疾患が影響しているケースが多いと考えられます。また、手術・処置等の合併症においても、合併症が起きないよう細心の注意を払って施行おり、事前に可能な限り患者さんに説明したうえで、手術等の同意をいただいております。今後も病院全体で減少に取り組んでいきます。
更新履歴